【コロナショック】株の買い時はいつか?

MONEY

こんにちは、Oshigeです。

今株式投資を始めようとしているけど、新型コロナの影響で経済の先行きが見えない中、株はいつ買えばいいのだろう?とお考えの方に、今回は『株の買い時について』、私なりの考えをご紹介します。

早く買いたいと気が焦っている方に、一度冷静になって読んでみてください。

【コロナショック】株の買い時はいつか?

皆さんご存じの通り、現在新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大しています。
ニュースでもたびたび報じられる通り経済に多大な影響を与えています。
数々の企業の決算は下方修正され、先の見えない事態が続いています。

そんな経済が先の見えない中でも、株価については少しずつ明るくなってきています。

しかし、今は『静観』すべきです。

詳細についてご説明します。

株価の動き

下図2つは直近一年の株価チャートです。

<日経225直近1年の株価チャート>

出典:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/

<NYダウ直近1年の株価チャート>

出典:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/

①の期間は新型コロナウイルスが世界中に拡大し、その結果、日経平均・ダウなど世界中の株価が暴落をした期間です。
②は各国の経済政策が発表されたことにより、株価が下げ止まり、徐々に回復をしていることが分かります。
移動平均線(25-day MA)も上を向きで、回復へ向かっていると考えられます。

しかし、だからと言って今すぐに飛びつくのは少し考えるべきです。

静観すべき理由

静観すべき理由……

2020/5/3にトランプ大統領およびアメリカの国務長官が「新型コロナウイルスの発生源が中国にある研究所であるというかなりの量の証拠がある」等の発表しました。

また、経済制裁を行うとトランプ大統領が発表したことにより、米中間での対立が深まりました。

上記発言により株価の進む向きが狂ってしまいました。
それは下図①のとおりです。

<NYダウ直近1か月の株価チャート>

出典:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/

実はこの米中間の対立は今回が初めてではありません。

新型コロナウイルスが発生する前から、トランプ大統領が『制裁を強める』と発言すると株価は下がり、『制裁を緩和する』と発言すると株価は上がり、発言する度に株価は乱高下していました。

この一連の流れから、次にトランプ大統領が経済制裁の緩和を発言するタイミングが株の買い時ではないかと考えます。

もちろん、いつその発言がされるかもわからないですし、しないかもしれません。

ただ、世界の経済をけん引するアメリカと中国の対立が深まり続けるとは考えにくいので、もし、トランプ大統領による発言が何もなければ、移動平均線が上向き、上昇トレンドになれば株の買い時ではないかと考えます

情報は、すぐに入手しないと他の投資家に遅れをとってしまうので、ニュースであったり、今ではツイッターなどのSNSで情報をすぐに入手できるようにしましょう。

私のお勧めは、ツイッターで日本経済新聞ロイターブルームバーグです。

まとめ

今は、株を買うタイミングではないので、ツイッター等のSNSを活用し、有り余る情報を精査し、株式投資に活かしましょう。

日々変化の激しい世の中ですので、明日には見方が変わっているかもしれませんが、焦らず、客観的に判断し、株の買い時を見極めましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました